のんききままに

ずぼら女子です。ときめきと楽しさを胸に日々感じたことを綴ります。

新卒女子、2ヶ月で退職する 最後

f:id:chocolaters:20220307150756p:plain

こんにちは。ポンです。

 

chocolaters.hatenablog.com

chocolaters.hatenablog.com

chocolaters.hatenablog.com

chocolaters.hatenablog.com

 

今回は、シリーズ最終回、2ヶ月での退職を通して私が感じたことです。

私はこの私の経験を通じて大きく2点のことを伝えたいです。

 

①自分は自分しかいない。

当たり前ですが、私はこの地球上に私しかいません。

自分の気持ちを感じるのも私だけ。いたわってあげられるのも私。

2ヶ月という短い期間で退職したため、周囲からの目も怖いです。

ですが、あのまま続けていても自分は生きていたかも分からないレベルでした。

自分の変わりはいますが、自分は一人だけ。

本当にこの言葉に尽きると思います。

人は環境に大きく影響されます。自分の気持ちや直観を信じて進んでほしいです。

 

②やらずに後悔よりも、やって後悔の方がいい。

今回は私は、就職して退職するという一連の流れがありました。

医療と言う自分の憧れに対して少しの期間でも携われたという事実があります。

やってみたいという気持ちを押し込めて、違う道に行っていた方が、

あの時、ああだったのになと後悔になると思います。

たった2ヶ月の在職期間でしたが、私は私なりにやり切ったと思っており、

ここまでの選択に後悔はありません。

社会の厳しさを知るきっかけにもなりました。

 

このブログを見られている、仕事について悩める心理士さんへ

社会への心理士へのニーズは高まってきていると思います。

クリニックという小規模の中では人間関係など問題がたくさんあります。

自分に合わない場合もあるので、そういった場合は転職を考えていいと思っています。

大学院では、患者さんとの信頼関係のため早期にやめることはだめだと教えられます。

ですが、一番大事なのは自分。そこは忘れないでください。

むしろ、合わないとおもった時点の早期で退職する方が、患者さんのためでもあると思います。

自分に合う場所はどこかにあります。時間はかかりますが、そこを探しましょう。

 

 

ながながとシリーズで連載させていただきました「新卒女子、2ヶ月で退職する」も

本日最終です。

ここまで読んでくださった方ありがとうございます。

つたない文章ですが、私の経験がみなさんに伝わると幸いです。

 

 

皆さんは新卒の早期退職についてどうお考えですか?

また、読んだ感想を教えていただきたいです。

 

ぽん>/p